QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 11月28日、東京・江東区のZepp Tokyoで、チャリティーライブ「LOVE TO LIVE」(同実行委員主催)があり、加藤登紀子や山下久美子などのアーティスト6名が出演、「ストップ・エイズ」と呼びかけた。チケットの収益の一部はエイズ予防財団へ寄付される。


 実行委員は「エイズの問題は若者だけではない、若者にだけ伝えればいいのではない。世代を超えてこの問題を考えていきたい」とし、会場には高校生や主婦など、幅広い年代の来客があった。

 南アフリカでエイズウイルス(HIV)陽性者の施設に寄付金を送る活動をしている加藤登紀子は、開演前の記者会見で「HIV/AIDSの薬品は非常に高い。アフリカでは、医薬品が高すぎて治療できない人がいる。何よりも、AIDSに対して知識を持って、多くの人が、HIV陽性者・AIDS患者に愛情を持つことが大切」とした。ライブでは、HIV陽性者の手記を読み上げた。

 山下久美子は「AIDSはこの地球上からなくさなくてはならないもののひとつ」。

 「多くの死を目の当たりにした」。元青年海外協力隊の山田耕平さんは、アフリカ・マラウィで作り、現地のヒットチャート1位を獲得したAIDS啓発ソング『ディマクコンダ(愛してる)』を歌う。「カップル間の感染が広がっていた。音楽だと、HIV/AIDSに関心がなくても、音があれば寄ってくる。音楽はなかなかメッセージを届けられない人たちに対して、有効なツール」。

 また、ライブ後のインタビューで「パートナーを愛すなら、まずは検査に行くこととコンドームを使うこと。思いやりの気持ちが大切」と話した。

■オカモトによる、コンドームの膨らまし実験

 現在、HIV/AIDSを含む性感染症を予防できるものは、唯一コンドームだけと言われている。しかし、コンドームの出荷量はここ数年減少傾向であり、それに反比例する形で性感染症の報告数が増えている。

 業界大手「オカモト」の石居利明さんは、ステージ上で性感染症予防にコンドームの使用を呼びかけた。また、通常160ccの容量のコンドームを、15リットルまで膨らませ、「コンドームの基準としては13.5リットル入れば合格。うちのコンドームは通常この倍ほど入る」(石居さん)と製品の丈夫さをアピールした。




加藤登紀子ら、「ストップ・エイズ」を訴える - OhmyNews:オーマイニュース
http://www.ohmynews.co.jp/news/20071205/18107

livedoor ニュース
http://news.livedoor.com/

加藤登紀子ら、「ストップ・エイズ」を訴える - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071205-00000005-omn-soci

悪ティブソナー
http://sonar.a902.net/

第1エッセイ集 (2001年3月5日~8月12日)
http://www008.upp.so-net.ne.jp/arakuni/essay/essay01.htm



アイドル画像を探すならアイドル グラドル スキャンどる?

ニキビ跡でお悩みならにきび跡を消す、ズバリ解消しましょう

レーシックとは?レーシックで視力を取り戻す

今まさに注目の株式銘柄を随時配信中!

ベトナム投資信託で明るいセカンドライフを

美容整形、まずは二重まぶたから

ケラスターゼによるヘアケア

ハードディスクやデータの復旧ならHDDレスキュー

Secret

TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/98-6f38a339
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。