QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日、私はハードディスクを壊した。壊れたのではなく、壊したのだ。
 なにを酔狂なことをしているのか、このおっさんは、と、思う方もいるだろう。しかし、まともな理由があるのだ。

 今回壊したハードディスクは、もう10年前に買った容量が3.2GBというとても古いものだ。デジカメに入るメモリでも4GBが数千円というこの時代、すでにこの容量のハードディスクの存在価値は無に等しい。ところどころエラーも出ていて、完全にスクラップ状態のハードディスクだ。

 それで、ハードディスクを壊すことにした。通常のねじ回しか、小さな六角のねじ回しなどの工具が必要になるが、もともとハードウエアでも飯を食っていた身である。工具は一般家庭以上にそろっている。数カ所のねじを緩めると、ハーディスクの中身が姿を現す。普通でも小さなネジ回しがあれば、簡単に内部は開く。

 そして、内部にある磁気ヘッド部分を取り去ると、そのヘッドの根元に近いところに、ネジで固定された永久磁石がある。私のお目当ては、これだ。

 この磁石、とにかく「超強力!!」な永久磁石なのだ。どのくらい強力かと言うと、たとえば週刊誌「AERA」(朝日新聞社)くらいの厚さの雑誌であれば、この磁石1つで鉄の壁や柱に固定できるくらいである(写真参照)。厚手のカレンダーなら、これ1つあれば冷蔵庫に張り付いてくれる。

この強力磁石が、1つのハードディスクを壊すと2つ手に入る。中でも、デスクトップPCに使われている、特に大きなヘッドの動きを必要とする3.5インチのハードディスクの磁石は強力だ。

 そして、こうやってハードディスクを壊してしまえば、もうデータを読み出すことはほとんど不可能になる。セキュリティ的にも安心できる。

 私は携帯電話の背面にこの強力磁石をつけている。部屋のスチールの棚に貼り付けて便利に使っている。ただし、このときは少し注意が必要だ。なるべくヒンジ(ちょうつがい部分)に近いところに貼り付ける必要があるのだ。

 携帯電話の機体は、そのマイクとスピーカーの近くに磁気センサーを持っていて、これが携帯電話のフタの開閉の状況を検知している。この磁気と干渉すると、携帯電話が開いているのに開いていないように携帯電話は思ってしまい、開いても画面が真っ暗なまま、ということになることがあるからだ。

 家にもう使わない古いハードディスクが残っていたら、分解して磁石を使う、というのはいかがですか? セキュリティの安心と、超強力な磁石が手に入ります。



ハードディスクを壊そう! - OhmyNews:オーマイニュース
http://www.ohmynews.co.jp/news/20071007/15837

ハードディスクを壊そう! 一石二鳥の活用術(オーマイニュース ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071008-00000012-omn-secu

ニフティクリップ-ハードディスクを壊そう! 一石二鳥の活用術 ...
http://clip.nifty.com/entry/0fdcc856045781d4b709c84f96d4f7a97f577ce6/180060

はてなブックマーク - ハードディスクを壊そう! - OhmyNews:オーマイ ...
http://b.hatena.ne.jp/entry/6114625

磁石
http://www.namaan.net/result/%BC%A7%C0%D0/


アイドル画像を探すならアイドル グラドル スキャンどる?

ニキビ跡でお悩みならにきび跡を消す、ズバリ解消しましょう

レーシックとは?レーシックで視力を取り戻す

今まさにベトナム投資信託が、個人投資家を中心に人気が高まっているところです。

ベトナム投資信託で明るいセカンドライフを

美容整形、まずは二重まぶたから

ケラスターゼによるヘアケア

HDデータ復旧!壊れてしまったHDのデータの復旧に困ってませんか?




Secret

TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/87-d2572ee9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。