QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.22 瞳痙攣体験

page04

瞳痙攣体験



海外における整形事情


欧米の場合

欧米、特に北米では、美と健康、若さに執着する価値観が強く、老若男女を問わず整形を受ける者が増えている(但し、下記に述べるように侵襲性の強いものは余り好まれない)。特に歯列矯正は極めて一般的で、逆に歯列矯正を受けないことを非難される場合もある。こうしたことから、美容外科が乱立し、価格競争が起こっている。そのため、一部の形成手術における費用は非常に安価である。

韓国の場合

韓国でも以前は整形した事実を隠す傾向があったが、主に芸能界において整形を告白することが「潔い」とされるようになるに従い、一般人においても整形手術を忌避する傾向が弱まった。その一例として、親が子に美容形成手術を入学祝いといった形で受けさせるといったことがある。但し、これはソウル市のような大都市で部分的に見られるに過ぎない傾向で、「習慣」と呼ぶほど全国的に一般化してはいない。また、韓国では「美人の定義」が極めて流動的であり、近年では整形した美形よりも、韓国人らしい顔が支持される傾向がある(但し、この傾向がどこまで続くかも不透明)。

引用:wikipedia

Secret

TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/5-ab682f5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。