QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



特定サービス産業実態調査報告書(遊園地・テーマパーク編 平成1)


5日午後零時50分ごろ、大阪府吹田市の万博記念公園にある遊園地「エキスポランド」で、走行中のジェットコースター(6両編成)の2両目が脱線して手すりに衝突、乗っていた滋賀県東近江市の会社員、小河原良乃さん(19)が死亡した。ほかに小河原さんの友人とみられる古川小百合さん(20)が重傷、男女 18人が軽傷を負った。

 国土交通省によると、ジェットコースターの乗客が運行中の事故で死亡したのは初めてという。

 エキスポランドによると、2両目の車軸が折れたのが事故原因。大阪府警捜査1課は同日、吹田署に業務上過失致死傷容疑で捜査本部を設置した。6日午前から関連先数カ所を家宅捜索する方針で、施設関係者から事情を聴き、原因などの特定を進める。

 ジェットコースターは「風神雷神2」(全長約1050メートル、高さ約40メートル)と呼ばれ、乗客が立って乗るタイプ。定員は24人で、最高時速は75キロ。事故当時は20人が乗っていた。

エキスポランドは6日、事故が起きた「風神雷神II」を含む園内すべての遊具で、金属疲労の検査を1度もしていなかったことを明らかにした。脱線車両の折れた車軸が金属疲労を起こしていた可能性もあり、同社は「判断が甘かった」と謝罪した。

 府警吹田署捜査本部は同日、業務上過失致死傷容疑で園内の同社本社を家宅捜索し、点検記録などを押収した。現場検証や関係者への聴取を続け、事故原因の特定を急ぐ。

 同社によると、車軸は直径約5センチの合金製で、ナットで締められた部分で折れていた。部品は1992年の運用開始から1度も交換しておらず、金属疲労の検査もしていなかった。 

引用:時事通信社


なんとも、やるせない事故です。

絶叫マシーンと言えば
最大何G掛かりますとかが売りだったりするけど

実際に乗るお客は一年に一回有るか無いか
でもマシーンはフル稼働しているんです。

なのに開業以来約15年間一度も
金属疲労の検査をしていなかったとは

「判断が甘かった」

では済まされない事では無いでしょうか。

これは明らかに人災だと思います。



HDデータ復旧!壊れてしまったHDのデータの復旧にお悩みなら
データサルベージの解説


綺麗な二重まぶたで、ライバルに差を付けましょう!
二重まぶ た美容整形の全て


Secret

TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/27-9f19ea93
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。