QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パイオニア 7.0型ワイドVGAインダッシュ地上デジタルTV/DVD-V/CD/チューナー


 ETC(ノンストップ料金収受システム)の搭載車に対する高速道路料金の割引を受けたいが、渋滞は避けたいのがドライバーの本音。

 高速道路無料化も視野に渋滞回避の強い味方としてカーナビへの関心が高まる中、特に注目を集める製品が、燃費向上にもつながるという「プローブ式」と呼ばれるカーナビのハイブリッドタイプだ。

 リアルタイムの渋滞情報は、VICS(道路交通情報通信システム)で分かる。標準的なカーナビはほぼ対応しているものの、これだけでは渋滞を回避するルートを検索することはできず、検索には価格が2万~3万円程度のVICSビーコンという機器を追加することが必要となる。

 プローブ式のカーナビは現在、自動車メーカーの純正品と、後付けではパイオニア製品で市場のほとんどが占められている。仕組みはパイオニア製品の場合、(1)カーナビ搭載車から携帯電話などを通じて同社のサーバーに走行中の道路情報を自動的に送信(2)そのデータ(プローブ情報)を蓄積(3)蓄積された情報を基に渋滞を避けるのに最適なルートを選択(4)回避ルートの情報をカーナビ搭載車に送り返す-というもので、VICSビーコンの情報も併用している。

 同社の担当者、山崎豪さんは「当社の商品はほぼすべてがプローブ式。VICSの10倍にあたる70万キロの道路情報を網羅しており、このデータを基にきめ細かい渋滞回避路を案内することができる」と話す。さらに、同社の実験では、プローブ式カーナビの指示どおりに渋滞を回避したところ、VICSビーコンだけのときと比べ走行距離は伸びたものの、到着時間は早く、結果として燃費が良くなったという。

 カー用品大手のオートバックスセブンによると、「パイオニアのカーナビはマニアの評価が高く、30万円台の上位機種は売れ筋。最近は5万円台のポータブルタイプが発売され、一般にも売れ始めている」(経営企画室)という。カーナビ評論家の会田肇さんは「車そのものがセンサーとなって情報を送信し、その情報を共有するプローブの仕組みは今後、カーナビに欠かせない機能になっていく」と予想している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091111-00000033-rps-sci


カロッツェリア09サイバーナビ「複雑な交差点も大丈夫?」



大人にきび&にきび痕の対策!スキンケアを考える

英会話をシチュエーションで覚えよう

相談し難い悩みを解決します。性感染症からの脱出!

愛犬と快適に暮らすための犬のしつけ方

縮毛矯正で美しい髪を

計画出産で男女産み分け

意中の人を振り向かせる恋愛心理学

自分の愛車の査定額(資産価値)を知ろう

パチンコ&スロット無料攻略情報

自動車保険を賢く選ぶ




ベルメゾンネット
ベルメゾンオリジナル☆お肌に優しいスキンケア「ヌーベル・アトピュラン」

バンダイナムコゲームス ララビットマーケット
TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/227-a7853592
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。