QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
骨粗鬆症


 骨がスカスカになり、骨折しやすくなる「骨粗鬆(こつそしょう)症」。
 転倒から骨折、寝たきりになる危険性が高まることで知られるが、自覚症状に乏しく骨折して初めて病気に気づく人も少なくない。

 60代女性の3人に1人がかかるとされる骨粗鬆症。専門家は「骨折の予防には早期発見、早期治療が大切。50歳を過ぎたら早めに検診を」と呼びかける。

 東京都健康長寿医療センター(板橋区)にある骨粗鬆症外来。訪れる患者の約9割が女性で、平均年齢は75歳。担当する森聖二郎臨床推進研究センター部長は「高齢化に伴い、骨粗鬆症の患者は増え続けている。潜在患者は1千万人以上といわれるが、自覚症状に乏しいため、実際に治療を受けている人は1割程度」と説明する。

 骨粗鬆症は、骨量が減少して若年成人(20~44歳)の平均値の7割未満に落ち込んだ状態。骨がスカスカになり、骨折しやすくなる病気だ。骨量は男女とも20~30代をピークに加齢とともに減少する。特に閉経後の女性の場合、女性ホルモンの分泌が低下して骨量が急激に減るため、発症率は60代で3人に1人、70代では2人に1人といわれている。

 症状が進行して骨がもろくなると、「転倒による衝撃だけでなく、くしゃみや布団の上げ下ろしなど日常生活のちょっとした動作で骨折する人も少なくない」と森部長は指摘。直接命にかかわる病気ではないが、大腿骨頸部(だいたいけいぶ)(脚のつけ根)の骨折は介護や寝たきりの原因になる危険性が高いので注意が必要だ。

 また、背骨がつぶれる圧迫骨折は痛みもなく進行するケースが多いという。森部長は「若いころに比べて身長が5センチ以上縮んだり、極端に猫背になったりした場合は骨粗鬆症の可能性が疑われる。圧迫骨折は逆流性食道炎などの消化器疾患や心肺機能の低下につながり、死亡率も上昇する」と警告する。

 日本骨粗鬆症学会理事長で産業医科大の中村利孝教授によると、この20年間で大腿骨頸部骨折患者は2・5倍に増え、約15万人。骨折して初めて病気に気づく人も少なくないが、中村教授は「最近は骨折のリスクを大幅に抑える治療薬が登場し、早期に発見すれば適切な治療で骨折を防ぐことができる」と訴える。 

 加齢による骨量の低下は避けられないが、カルシウムやビタミンDを多く含む食品の摂取、毎日の適度な運動で予防を心がけることが大切だ。森部長は「閉経後の女性に限らず、骨粗鬆症が原因で骨折した家族がいる人や、喫煙・飲酒の習慣がある人はリスクが高い。50歳を過ぎたら早めに検査を受けてほしい」と呼びかける。

 万有製薬(東京都千代田区)が実施した意識調査で、全体の9割以上が「骨がスカスカになる」など骨粗鬆症の主な症状を理解している半面、検査を受けたことがない人が6割に上ることが分かった。

 調査は今年9月、60歳以上の男女計400人を対象に実施。検査を受けない理由については「自分がそうだと思わない」が62・5%、「どこで受けられるか分からない」が21・3%と多く、「検査があることを知らなかった」と答えた人も18・8%いた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091020-00000033-san-soci


骨粗しょう症の3次元医用アニメ



大人にきび&にきび痕の対策!スキンケアを考える

英会話をシチュエーションで覚えよう

相談し難い悩みを解決します。性感染症からの脱出!

愛犬と快適に暮らすための犬のしつけ方

縮毛矯正で美しい髪を

計画出産で男女産み分け

意中の人を振り向かせる恋愛心理学

自分の愛車の査定額(資産価値)を知ろう

パチンコ&スロット無料攻略情報

自動車保険を賢く選ぶ







ベルメゾンネット
ベルメゾンオリジナル☆お肌に優しいスキンケア「ヌーベル・アトピュラン」

バンダイナムコゲームス ララビットマーケット
TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/223-6aeac658
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。