QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新探査機がとらえた火星と土星


 米航空宇宙局(NASA)は7日、土星を囲む巨大な輪を赤外線宇宙望遠鏡「スピッツァー」で発見したと発表した。

 輪の半径は土星の半径の128~207倍で、これまで最も大きかった土星のEリング(3~8倍)に比べてはるかに大きい。

 輪は、土星から600万~1200万キロの先に、ほかの輪に比べて27度傾いて広がっており、厚さは土星の直径の20倍もある。

 氷やちりでできており、輪に沿って土星を回る衛星「フェーベ」から供給されたとみられる。

 氷やちりの粒子は拡散している上に、太陽から遠いため、可視光望遠鏡で見るのは難しい。NASAの研究チームは「こんな輪が見つかるとは驚きだ。(肉眼で見ることができたら)

 幅は満月の二つ分になるだろう」とコメントした。

 今年2月、NASAの宇宙望遠鏡「スピッツァー」を使い、赤外線で土星を観測。リングは土星の表面から約600万~1200万キロの場所に広がり、ちりや氷でできている。厚さは約240万キロで、土星の自転と逆向きで回っている。土星の最も外側を回る衛星「フェーベ」の軌道と重なるため、この衛星に隕石(いんせき)などが衝突、ちりなどを放出して生じたとみられる。

 リングを構成するちりや氷の量が少ないために、反射される光が非常に弱く、従来の可視光観測では発見できなかった。これまで最も大きい輪「Eリング」は、幅が約30万キロ、距離は約18万キロだった。

 渡部潤一・国立天文台准教授(惑星科学)は「これだけ大きなリングが見つかったのは驚きだ。リングがどう変化していくか、その仕組みの解明などに役立つのではないか」と話す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091007-00000167-mai-soci


宇宙-星の大きさ比較



大人にきび&にきび痕の対策!スキンケアを考える

英会話をシチュエーションで覚えよう

相談し難い悩みを解決します。性感染症からの脱出!

愛犬と快適に暮らすための犬のしつけ方

縮毛矯正で美しい髪を

計画出産で男女産み分け

意中の人を振り向かせる恋愛心理学

自分の愛車の査定額(資産価値)を知ろう

パチンコ&スロット無料攻略情報

自動車保険を賢く選ぶ







ベルメゾンネット
ベルメゾンオリジナル☆お肌に優しいスキンケア「ヌーベル・アトピュラン」

バンダイナムコゲームス ララビットマーケット

TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/218-90d6c39a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。