QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪夢のエレベーター


「いつかはハリウッドで」

 小劇団の演出家兼役者のかたわら4年前に小説を書き始め、デビュー作「悪夢のエレベーター」がいきなりベストセラーとなり映画化された新進作家、木下半太さん。

人生の急展開に、「もともと、映画監督を目指していたので、自分の小説が映画化されるなんて…」と感慨深げに語った。

 小説家として3年前にデビュー以来、「悪夢のドライブ」「悪夢の観覧車」と発表する小説が立て続けにヒット。

注目のベストセラー作家となったが、デビューまでの経歴は異色だ。

 映画監督を志し専門学校に入るが、講師の指導方針に納得できず中退。劇団を立ち上げ、脚本に演出、役者をこなし公演活動を行うが、売れなかった。

この逆境から逃れようと書き始めた小説が「悪夢のエレベーター」だった。

 「芝居用に書いた脚本がベースです。当時、劇団員が4人しかいなかったので登場人物は4人。

予算を考えるとセットはできるだけ小さくする必要に迫られ、それで舞台はエレベーターになったんです」と苦笑する。

小説に書き起こす際、常に念頭に置いていたのが「映画化するならどう描くか」だったという。

 《マンションのエレベーターが急停止し、刑務所帰りの安井(内野聖陽)、自殺願望のある少女(佐津川愛実)ら見知らぬ男女4人が閉じこめられ…》

 4人のキャラクター造形が出色で、ぐいぐいと物語を引っ張っていく。「いずれもモデルはいます。

売れない劇団のドン底時代に出合った個性豊かな人たちを4人の中に詰め込んでいます」と説明する。

 スピード感あふれるサスペンスドラマに、コメディー要素をふんだんに盛り込むが、その底には人間の心の機微が細やかに描かれる。

 小説を生み出す原点について聞くと、「小学6年の時に父が飛行機事故で他界。

母の手一つで育てられた経験も影響しているのでは…」と自己分析する。

 下積み生活が長く、「ベストセラー作家になったら生活は一変するはず」と想像していたが、「下手な小説はもう書けない、と日々追われる今の重圧に比べたら、貧乏時代のストレスなんて軽いものだと気付かされました」と笑う。

売れっ子作家となっても劇団は続けたいという。

「舞台はネタの宝庫。自分の持ち味を小説に生かせるのはこの劇団での活動があるからこそなんです」。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090910-00000007-eiga-movi


Akumu no Elevator (悪夢のエレベーター ) Trailer



大人にきび&にきび痕の対策!スキンケアを考える

英会話をシチュエーションで覚えよう

相談し難い悩みを解決します。性感染症からの脱出!

愛犬と快適に暮らすための犬のしつけ方

縮毛矯正で美しい髪を

計画出産で男女産み分け

意中の人を振り向かせる恋愛心理学

自分の愛車の査定額(資産価値)を知ろう

パチンコ&スロット無料攻略情報

自動車保険を賢く選ぶ







ベルメゾンネット
ベルメゾンオリジナル☆お肌に優しいスキンケア「ヌーベル・アトピュラン」

バンダイナムコゲームス ララビットマーケット
TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/216-423a0809
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。