QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『美』のみを追求した、究極の美容ドリンク コラーゲン12000ex


 大正製薬は収益の多角化の一環として開発した漢方系の美容ドリンクの販路を拡大する。

新たに松屋と三越で販売を始めるなど、百貨店の取り扱い店舗を今月上旬までに3店増やす。

女性がドリンク剤を買うのに抵抗感が少ない百貨店に的を絞って販路を拡大することで、高級なイメージを浸透させ、漢方系の高級美容ドリンクという新しい商品ジャンルを確立し、潜在需要を掘り起こす。

 販売を拡大するのは、伊勢丹新宿本店(東京都新宿区)と共同開発した「密-hisoca-」シリーズ。

漢方の生薬に加え、西洋ハーブを配合する一方、果物などの風味を加え、飲みやすくした。

ざくろ風味など5種類があり、大さじ1杯を水やお湯に入れ、5、6倍に薄めて飲む。1本の容量は490ミリリットル(約1カ月分)で、価格は約5250円。

 昨年3月から伊勢丹や高島屋など百貨店12店舗で販売してきたが、販売が好調なことから、8月下旬に、松屋銀座店(同中央区)、三越松山店(愛媛県松山市)で相次いで販売を開始。

今月9日からは伊勢丹浦和店(さいたま市浦和区)でも販売を始めた。三越松山店では、化粧品などのプライベートブランド(PB、自主企画)商品をそろえた同百貨店初の専門店で扱いを始めた。

 残りの2店舗も、化粧品売り場に置き、高級なイメージを打ち出すことで、食品売り場に置かれることの多い一般的な美容ドリンクとの違いを明確にする。

松屋銀座店は松屋最大規模の店舗で、伊勢丹浦和店も新宿本店に次いで売り上げが大きい。

このため、大正製薬は「収益拡大と宣伝効果の両方が期待できる」としている。

 大正製薬は、漢方薬や栄養ドリンクに続く主力商品を育てるため、2006年に社長直轄の組織「セルフメディケーション新規事業開発部」を立ち上げ、新商品開発に力を入れてきた。高級美容ドリンクはその第1弾で、今後も商品ラインアップ拡充するほか、取り扱い店舗数も30店程度まで増やす方針だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090911-00000530-san-bus_all


岡江美希の美肌ドリンク



大人にきび&にきび痕の対策!スキンケアを考える

英会話をシチュエーションで覚えよう

相談し難い悩みを解決します。性感染症からの脱出!

愛犬と快適に暮らすための犬のしつけ方

縮毛矯正で美しい髪を

計画出産で男女産み分け

意中の人を振り向かせる恋愛心理学

自分の愛車の査定額(資産価値)を知ろう

パチンコ&スロット無料攻略情報







ベルメゾンネット
ベルメゾンオリジナル☆お肌に優しいスキンケア「ヌーベル・アトピュラン」

バンダイナムコゲームス ララビットマーケット

TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/214-78b59621
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。