QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊石川遼(vol.1)


 男子ゴルフの今季国内メジャー初戦「UBS日本ツアー選手権」は4日から4日間、茨城・宍戸ヒルズCC(7290ヤード、パー71)で開催される。

18ホールの練習ラウンドを行った石川遼(17)=パナソニック=は、昨年よりも飛距離がアップしたことで逆に1Wを使わないケースも示唆。その1Wでは、空手の正拳突きからヒントを得てスイングの精度アップに手応えをつかんだ。

 8番(436ヤード、パー4)のティーショット。「(バンカーを)越えたんじゃない?」と遼クンがつぶやいた一打は、フェアウエー右サイドのバンカーに手前からギリギリで入った。バンカーまでは307ヤード。昨年のこの大会では、285ヤード地点のフェアウエーだっただけに、22ヤード飛距離アップしたことになる。

 「(8番の)バンカーの横は幅が10ヤードぐらいしかない。昨年よりも攻め方を変えようと思う。1Wで打つか3Wで打つかは、その日に決めようと思います」

 前日の“ドライバーでガンガン宣言”をあっけなく撤回? それも、このオフのトレーニングの成果などで、1Wの飛距離が伸びたからというのが皮肉だ。フェアウエーキープが必要条件の今季国内初メジャー。「毎ホールでバーディーを狙うイメージでプレーする。4日間でアンダーパーを目指したい」という目標を掲げ、今年はコースマネジメントに細心の注意を払おうと決めた。

 そんなドライバーショットだが、空手の正拳突きからスイングの安定につながるヒントを得た。「両脇が締まらないと、ダウンスイングで、クラブと体が一体となるスイングができない」。腕を伸ばす正拳突きの体勢では、クラブを持った時にクラブと地面が水平になる。そこからクラブを地面に垂直になるように回すことで、自然と左脇が体に密着し、左脇が締まることに気づいた。「どんな球筋を打つにしても左脇の締まりが大切」という、師と仰ぐ尾崎将司の教えにもかなう。

 「4日間のうち3日間は、何事にも惑わされず1Wを打っていきたい」と燃える遼クンだが、メジャー攻略のため、そんな“欲望”を抑えるシーンも必ず出てくる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090604-00000002-sanspo-golf


石川遼のドライバーショット



相談し難い悩みを解決します。性感染症からの脱出!

愛犬と快適に暮らすための犬のしつけ方

縮毛矯正で美しい髪を

計画出産で男女産み分け

意中の人を振り向かせる恋愛心理学

自分の愛車の査定額(資産価値)を知ろう

ニキビ跡でお悩みならにきび跡の悩み解消しませんか?

ハードディスクやデータの復旧ならHDDデータレスキュー







ベルメゾンネット

ベルメゾンオリジナル☆お肌に優しいスキンケア「ヌーベル・アトピュラン」

TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/201-0d4dd640
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。