QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「交通渋滞」徹底解剖


 1000円乗り放題の「ETC休日割引制度」導入により、今年のゴールデンウイーク(GW)の高速道路渋滞は“過去最悪”になるという。30キロ以上の渋滞が昨年の2倍の56回、最長60キロの区間も登場すると予測されている。ただし、渋滞予測を正確に把握しておけば、イライラも少しは回避できるかもしれない。格安で遠出できるチャンスを生かすためにも、事前にしっかり情報収集しておきたい。

 高速道路3社と日本道路交通情報センターがまとめたGW期間(4月25日-5月6日)の渋滞予測によると、下りのピークは5月2日、上りは5月5日で、いずれも10キロ以上の渋滞が46回発生。GW期間全体でも前年の1.7倍となる372回の渋滞を見込んでいる。

 距離別では5月2日の九州道若宮IC~広川ICの60キロが最大で、以下、2日の関越下り大泉JCT~花園ICの55キロ、2日の中国道下り笠取IC~西宮山口IC54キロなど、最大40キロ以上の渋滞が全国で22カ所も発生。時間別では2日の中国道下り笠取IC~西宮山口ICの4時間51分を筆頭に、5日の中央上り勝沼IC~八王子JCTが3時間、3-5日の阪和道上り印南IC~下津ICが3時間など、通過に2時間以上かかる区間が21カ所も発生する。

 渋滞の“苦痛”を距離でみるか時間でみるかは人それぞれだが、ここで注目したいのは、距離と所要時間は必ずしもリンクしていないということ。たとえば、前述の九州道では60キロの渋滞にもかかわらず、通過時間は90分で、平均時速36キロで走行できる。一方、3-5日の中国道上り三木東IC~宝塚IC間は、27キロの渋滞の通過に130分もかかる。平均時速は12-13キロで、ドライバーのストレスはこちらの方がはるかにたまりそうだ。

 そうした観点から夕刊フジが独自に集計したところ、東日本で最も要注意なのは中央道の上り八王子JCT。5月3-5日の間、最大45キロの通過に3時間かかっており、この間の平均時速はわずか15キロ。京葉道路下り貝塚ICや東京湾アクアライン上り川崎浮島JCTも、それぞれ20キロの通過に1時間~1時間20分かかる日があり、平均時速は20キロに満たない。

【平均時速は10キロ以下】

 西日本は、阪和道上り下津IC付近の渋滞が最悪。最大14キロの通過に1時間30分かかり、平均時速は10キロ以下。また、前述の中国道に加え、東名阪道の四日市ICも上り下りともに要注意。それぞれ、最大40キロ前後に2時間30分近くかかる。名神道大山崎JCTも、ピーク時には20キロの通過に1時間20分かかる。

 GW期間中の渋滞発生回数が最も多いのは、東日本が東名上りの38回。以下、東名下り33回、関越上り29回、京葉道上り27回、東北道上下25回。西日本では名神上りが26回で同下りが24回。以下、第二名神上り20回、中国道上り17回、東海北陸道下り12回となっている。

 今年は16連休という会社もあるというが、旗日の渋滞はやはり避けられないようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090421-00000006-mailo-l22


GW大渋滞



愛犬と快適に暮らすための犬のしつけ方

縮毛矯正で美しい髪を

計画出産で男女産み分け

意中の人を振り向かせる恋愛心理学

自分の愛車の査定額(資産価値)を知ろう

ニキビ跡でお悩みならにきび跡の悩み解消しませんか?

ハードディスクやデータの復旧ならHDDデータレスキュー

アイドル画像を探すならアイドル グラドル スキャンどる?

女性向け高収入アルバイトツーショットダイヤルQ3







TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/192-26841dfc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。