QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いますぐできるエコドライブ運転術


自動車各社が、ドライバーの低燃費運転を支援する機能や装備を新型車に搭載する動きが相次いでいる。

日産自動車は23日に一部改良して発売する「キューブ」「ティーダ」など7車種に、ベテランドライバーのノウハウを活用した燃費性能向上技術を採用した。

ホンダやトヨタ自動車もハイブリッド車(HV)にエコドライブ支援機能を付けている。

4月から低燃費車に対して自動車取得税、重量税を減免する「エコカー減税」がスタートし、消費者の環境意識や節約志向が高まっていることに対応するのが狙いだ。

 エコカー減税対応車種を「ニッサンECO」シリーズとしてアピールする日産は、キューブなどに、開発ドライバーである淵上夏次氏(58)のノウハウをエンジン制御に反映させる機能を搭載する。

 発進時や緩い加速時にエンジン回転数が上がりすぎないように制御し、燃費を抑える仕組み。淵上氏は「神のアクセル操作」を発揮するとされ、ティーダを使った実験では、一般ドライバーの燃費がガソリン1リットル当たり16.3キロに対して、淵上氏は19.5キロと約20%も改善したという。

 ホンダはHV「インサイト」に、メーターの背景色を変化させてエコドライブ度が分かるモニターを付けた。また、インサイト保有者同士でエコレベルをランキング表示できる機能も用意し、エコ運転の技量向上をゲーム感覚で楽しむ工夫もした。

 トヨタは、5月に発売する新型HV「プリウス」に「エコドライブモニター」を搭載する。モニターを設置して、アクセル開度からブレーキ操作によるエネルギー回生状態を表示。電気モーターで走行できる状況を多くすることで燃費向上につなげることができる。


 ■ソフト改良 実燃費向上を意識

 昨年のガソリン価格高騰によって、燃費性能は消費者の自動車選びの大きな要素に浮上している。ハイブリッド方式などによる低燃費化が先行する中で、各社ともエコドライブを重視するのは消費者の意識がカタログに記載された燃費ではなく、実際に走ったときの燃費への興味が高まっているためだ。

 カタログ燃費と実燃費の差については、これまで表面化していなかった。しかし、電子商取引サービスを手がけるIRIコマース&テクノロジーがこのほど発表した実燃費調査によると、「実燃費がカタログ値に比べ74%を下回ると、半数以上のドライバーが不満足に感じる」としており、意外と意識が高いことが分かった。

 メーカー各社はこれまで、燃費性能向上のために急発進や急加速をやめるなどの呼びかけをしてきたが、エコドライブ支援機能を「目に見える」形にすることで、消費者に訴求する動きだ。

 燃費性能向上に向けてハードだけでなく、ソフト面でも改良する動きが続きそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090413-00000031-fsi-bus_all


日産TIIDAで「あなたもエコドライブ」



愛犬と快適に暮らすための犬のしつけ方

縮毛矯正で美しい髪を

計画出産で男女産み分け

意中の人を振り向かせる恋愛心理学

自分の愛車の査定額(資産価値)を知ろう

ニキビ跡でお悩みならにきび跡の悩み解消しませんか?

ハードディスクやデータの復旧ならHDDデータレスキュー

アイドル画像を探すならアイドル グラドル スキャンどる?

女性向け高収入アルバイトツーショットダイヤルQ3






TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/190-01d22e45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。