QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1全史(2001ー2005)


 自動車のF1シリーズからの撤退を決めたホンダは6日、保有していたF1チーム(本拠地は英国)を売却すると発表した。新たにオーナーとなるのは、これまでチームを支えてきたロス・ブラウン代表。

 今後はブラウン氏がF1参戦を継続し、エンジンはメルセデス・ベンツから供給を受ける。正ドライバーには、引き続きジェンソン・バトン(英国)とルーベンス・バリケロ(ブラジル)を起用する。

 ホンダは金融危機の影響で経営状態が悪化し、昨年12月にF1シリーズからの撤退を表明。英ヴァージン・グループなどとチームの売却交渉を進めたが不調に終わった。

 本田技研工業株式会社 <7267> は、Honda Racing F1 Team(以下HRF1)を、これまでHRF1のチームプリンシパルを務めていたロス・ブロウン氏に売却したと発表した。

 これまで英国においてHRF1の持ち株会社として、ホンダのF1レース活動全ての業務を管理してきた、ホンダ・ジーピー・ホールディングス・リミテッド(Honda GP Holdings Ltd.)保有のHRF1の株式100%を、ブロウン氏に売却する。これによりチームの所有権はブロウン氏に移行し、今後はブロウン・ジーピー・フォーミュラ・ワン・チーム(Brawn GP Formula One Team)として、今シーズンのF1グランプリ開幕戦から参戦する計画だという。

 ホンダの大島裕志常務執行役員・広報・モータースポーツ担当は、「昨年12月5日にF1レース活動からの撤退を発表して以降、新たなチームとして存続できるように、様々な検討・協議を重ねてきた。結果としてこれまで一緒に戦ってきたロス・ブロウン氏に売却することができて、非常に嬉しく思っているとともに、彼の英断に大変感謝している。今後はブロウン氏の率いる新チームの活躍を期待している」と語っているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090306-00000031-scn-bus_all

TEAMの皆の為にも
これからも頑張って、モータースポーツを
盛り上げて欲しい!



ホンダF1の歴史




レーシック Q&A

縮毛矯正で美しい髪を

計画出産で男女産み分け

意中の人を振り向かせる恋愛心理学

自分の愛車の査定額(資産価値)を知ろう

ニキビ跡でお悩みならにきび跡の悩み解消しませんか?

ハードディスクやデータの復旧ならHDDデータレスキュー

転職を真剣に考えるあなたに転職情報を斬る!

アイドル画像を探すならアイドル グラドル スキャンどる?

女性向け高収入アルバイトツーショットダイヤルQ3







TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/179-2db85681
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。