QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルートレイン寝台列車ひとり旅


 ブルートレインの愛称で知られ、昨年3月に引退したJR寝台特急「なは」(京都-熊本間)の車両が簡易宿泊施設のライダーハウスに生まれ変わり、鹿児島県阿久根市の肥薩おれんじ鉄道・阿久根駅の敷地内で25日にオープンする。

 同市のNPO法人「Big up(ビゴップ)」が廃止された「なは」の車両2両を購入。「あくねツーリングSTAYtion」と名付け、宿泊用の1両には寝台をそのまま活用した2人部屋を11室用意。もう1両は交流スペースにする。敷地内にオートバイの駐輪場を併設。ライダーのほか、鉄道利用の旅行者らも受け入れ、1人1泊1500~2000円。

 同法人の大友恵子理事長は「ブルトレは日本が元気だった時代の象徴で、さまざまな思い出を共有できる乗り物。大切に残し、旅行者と地元住民の交流拠点にしていきたい」と話している。

 JR九州長崎支社(長崎市)は、3月14日のダイヤ改正で九州発着の夜行寝台特急が姿を消すことから、JR発足後に九州路を走った歴代ブルートレインの写真を使った記念切符のセットを2月1日から売り出す。

 記念切符は、現在運行している「富士」(大分‐東京)「はやぶさ」(熊本‐東京)や、既に廃止になった「あかつき」(長崎‐京都)「あさかぜ」(博多‐ 東京)「さくら」(長崎‐東京)「彗星(すいせい)」(南宮崎‐京都)「なは」(熊本‐京都)「みずほ」(熊本‐東京)の計8種類。

 「九州を駆け抜けた寝台特急に、ファンのみなさんと一緒にありがとうを言いたい」(同支社)との思いを込め、寝台特急の歴史を紹介する年表などを書き添えたA3サイズの台紙に8枚の記念切符を収めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090116-00000004-nnp-l42


ブルートレインなは・あかつき 最終便、姫路駅停車




縮毛矯正で美しい髪を

計画出産で男女産み分け

意中の人を振り向かせる恋愛心理学

自分の愛車の査定額(資産価値)を知ろう

ニキビ跡でお悩みならにきび跡の悩み解消しませんか?

ハードディスクやデータの復旧ならHDDデータレスキュー

転職を真剣に考えるあなたに転職情報を斬る!

アイドル画像を探すならアイドル グラドル スキャンどる?

女性向け高収入アルバイトテルフォン




TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/164-5adbf3ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。