QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●サンヨー充電式カイロ「エネループカイロ」


 厚着をしても朝晩の寒さがこたえるこの季節。使い捨てずに繰り返し使えるエコロジーな商品として注目を集めている。

 国内初の充電式カイロを生み出したのは平成18年冬。試験的に発売したところ「爆発的な売れ行き」(広報部)で、あっという間に1万個を完売。翌年は10万個に増産したが、予想以上の人気で品切れ状態が続いた。シンプルな卵形のデザインも好評で、贈り物として購入する男性も多いという。

 「いつも身につけて繰り返し長く使う商品だからこそ、デザイン性を重視した。手のひらに包みこんでいつまでも持っていたくなる、優しく愛嬌(あいきょう)のある形状にこだわりました」。デザインを担当したマーケティング本部アドバンストデザインセンターの布垣明宏課長はこう説明する。

 17年に、エネルギー(energy)の循環(loop)をコンセプトにした充電池「エネループ」を発売以降、電池を使い切る生活から「繰り返し使うライフスタイル」への転換を提案。その商品群の一つとして開発に携わった布垣課長は「自分の家族が頻繁に使う使い捨てカイロを見て、もったいないと思っていた」と振り返る。

 初年度に発売した卵形カイロ(参考価格4000円前後)はリチウムイオン電池を内蔵し、付属のACアダプターで充電する。3時間の充電で最大7時間使用でき、約500回使えるという。充電1回分の電気代は約10円と安上がり。最大の特徴はスイッチ一つで電源のオン、オフを切り替えられ、温度も強弱2段階に調整できること。必要なときだけ体を温められるので、出勤時に寒い屋外で電源をオン、暖房がきいた電車や会社の中でオフにしておけば、帰宅時にまた温かく使えるというわけだ。

 デビュー3年目を迎えた昨秋には、エネループ電池2本で作動する両面発熱タイプの新型(同5000円前後)も加え、卵形とあわせて計30万個の販売を見込む。「まだまだ充電式カイロの認知度は低いので、手にとってこのぬくもりを感じていただければ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090109-00000034-san-soci


●サンヨー充電式カイロ「エネループカイロ」




縮毛矯正で美しい髪を

計画出産で男女産み分け

意中の人を振り向かせる恋愛心理学

自分の愛車の査定額(資産価値)を知ろう

ニキビ跡でお悩みならにきび跡の悩み解消しませんか?

ハードディスクやデータの復旧ならHDDデータレスキュー

転職を真剣に考えるあなたに転職情報を斬る!

アイドル画像を探すならアイドル グラドル スキャンどる?

女性向け高収入アルバイトテルフォン




TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/159-86a14632
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。