QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月29日発売+6℃ 地球温暖化最悪のシナリオ

 世界的な食料危機に地球温暖化が追い打ちを掛けそうだ。温暖化の進行で、今世紀末までには、これまで記録的猛暑とされた気温が多くの地域で普通になり、現在の世界人口の半分に近い30億人が食料危機に直面する恐れがあるとの予測結果を、米ワシントン大などの研究チームが9日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が2007年に発表した地球温暖化の予測などに基づく分析結果。

 それによると、熱帯ではトウモロコシやコメなどの生産量が20~40%減少。温帯でも、03年6~8月に西欧を襲った熱波で約5万2000人が死亡し、小麦やトウモロコシ、果物、家畜用飼料などの生産量が激減するなどしたような酷暑が常態化する可能性が高いと指摘している。

 1972年に、旧ソ連の猛暑を機に国際的に小麦価格が高騰したが、こうした異常が常態化する恐れがあるという。

 研究チームは、高温や乾燥に強い農作物の新品種の開発や、潅漑(かんがい)施設の整備への投資を増やす必要があると訴えている。

 国際食糧農業機関(FAO)は昨年12月、世界的な食料価格高騰などで、十分な栄養が取れない人口は9億6300万人に達していると発表した。さらに、金融危機で、特に途上国の農業投資が減少するため、金融危機が続けば、今年はさらに飢餓人口が増えそうだ。

 世界の人口は現在約67億人だが、2050年には92億人になると予測されている。温暖化の影響が顕著な熱帯は、既に食料危機が進み、人口増加地域とも重なっていることから、早急な対策が求められそうだ。

 ■地球温暖化 火力発電や自動車などの人間の活動や火山の噴火などの自然現象によって、二酸化炭素(CO2)などの「温室効果ガス」が大気中に大量に放出され、地球の平均気温が上昇することをいう。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090109-00000042-jij-pol





縮毛矯正で美しい髪を

計画出産で男女産み分け

意中の人を振り向かせる恋愛心理学

自分の愛車の査定額(資産価値)を知ろう

ニキビ跡でお悩みならにきび跡の悩み解消しませんか?

ハードディスクやデータの復旧ならHDDデータレスキュー

転職を真剣に考えるあなたに転職情報を斬る!

アイドル画像を探すならアイドル グラドル スキャンどる?

女性向け高収入アルバイトテルフォン





TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/158-01488564
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。