QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よくわかる地上デジタル放送

 3年後に控えたテレビ地上波のデジタル化完全移行に伴い、地デジ放送が見られなくなる「地デジ難民」の発生が懸念されている。送電線や鉄塔の影響による受信障害がある地域は、東京電力から共同受信施設による難視聴の補償を受けていたが、デジタル化で障害が発生しなくなるとして、東電が補償を打ち切る動きを見せているためだ。同様の地域は県内に約70カ所約1万5千世帯あり、今後波紋が広がる可能性もある。

 東電が設置した巨大な高圧線が何本も通る宇都宮市郊外の篠井地区。山に囲まれたこの地区では、この送電線などの影響でアナログ放送に受信障害が発生するとして、約30年前に難視聴の補償として共同の受信施設を設置。障害の出ない場所に立てたアンテナでキャッチした電波を、約700世帯にケーブルで配信している。年間数百万円の維持費は東電が負担している。

 ところが、国が11年7月に現在のアナログ放送を完全停止しデジタル放送に移行することを決めてから、状況は一変。東電は05年、「デジタル波はアナログ波より直進性が強いため送電線の影響を受けにくく、受信障害は発生しなくなる」(栃木支店)として、共同受信施設を用いた補償を原則的に打ち切る方針を地元に伝えた。

 しかしこの地区は山に囲まれているため、送電線の影響はなくなったとしても地形的に地デジ受信が困難な世帯が相当数に上るとみられる。東電側は同地区との交渉を続けており、共同受信施設をデジタル用に改修し有償譲渡する案を示すなどしたが、費用負担がネックとなり結論には至っていない。

 昨年12月には、同様の補償を受けている世帯がある富屋地区も含めた「篠井・富屋地区地上デジタル難視聴対策協議会」(平野勝会長)が発足した。平野会長は「このままでは生活に必要不可欠なテレビが見られなくなる。今後同じような影響を受ける地区も含めて共同で声を上げていきたい」と話す。

 国は山間部など難視聴地域に設置されている共同受信施設の改修に対して、費用を一部負担する助成制度を設けている。ただ今のところ「電力会社やJRなどが設けた施設は対象外」(県情報政策課)だ。同支店は「篠井地区以外でも補償打ち切りを順次説明し、住民の方の理解を求めていきたい。送電線の影響が確認されれば個別に対応したい」としている。


引用:ヤフーニュース


国の方針で決まったことが原因で、今まで支障なく視聴することが可能だった
テレビ放送が、視聴できなくなる可能性があるとは。
このような地域の受信システムの構築などに税金を投じるのであれば
国民の反感も買わずに済むと思うのだが・・・



アイドル画像を探すならアイドル グラドル スキャンどる?

ニキビ跡でお悩みならにきび跡を消す、ズバリ解消しましょう

レーシックとは?レーシックで視力を取り戻す

ベトナム投資信託で明るいセカンドライフを

美容整形、まずは二重まぶたから

ケラスターゼによるヘアケア

ハードディスクやデータの復旧ならHDDレスキュー

転職を真剣に考えるあなたに転職情報を斬る!






Secret

TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/133-7bc355f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。