QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
E231/E233 hyper detail

 JR東日本の中央線は、2007年12月25日から段階的に新型の「E233系電車」に切り替わっている。当初は新しい車両にかわることによって、車内が広くなり、エアコンが快適になることを期待していた。

 新型車両にかわった当初は、その新しさに気をとられ、実際の快適さを冷静に判断できないでいた。ところがだんだん冷静になってきて、最近、非常に気になるのはその“座席の狭さ”である。

 車両内には一般用として、“7人掛け”と“4人掛け”の2種類が設けられている。特に“7人掛け”のほうは、「2人」、「3人」、「2人」と鉄棒によって区分けがされている。そのため、私は1人分の座席が窮屈に感じる。おまけに座席には、1人分ずつ、“凹凸”がつけられているので、2人分にまたがって座るのはとても居心地が悪い。

 1人分の座席の広さは、平均の女性が両腕をたらしてまあまあ座れる程度。ちょっと太めの女性や、体格のよい男性には狭く感じられるだろう。試しに、“凸”の部分に座ってみたが、バランスがとれずに、とても座りごこちが悪い。結局、“凹凸”ひとつに1人が座るしかない。

 そういう座席の特徴をのみこんでいる乗車客は、電車がすいている時は、なんと“1人おき”に座っているではないか! やはりみなさん座席の狭いことをよく知っていらっしゃる。込んでいる時は、ひとつ席があいていても、よほどスリムな人でないと間に座ろうとしない。たいていの人はパスしている。

 だったら、昔のままの“平らな”座席のほうが融通がきいてよかった、と私は思うのだが、ほかの方はどうだろうか?

引用:Yahoo!ニュース


どんなに座席を工夫しても、結局は乗客のマナーの問題だと思う。
座席に子供を寝転がらせてしらんぷりの親、
隣の座席に荷物を置いて占拠したり、
脚を組んだり、広げたり、
思いっきり首を傾けて、うたた寝されてたら、
いくら座席面を工夫してもお手上げです。

公共交通機関は『乗り合い』なんですから、
くつろぐのは自宅、もしくは指定席でどうぞ!


アイドル画像を探すならアイドル グラドル スキャンどる?

ニキビ跡でお悩みならにきび跡を消す、ズバリ解消しましょう

レーシックとは?レーシックで視力を取り戻す

ベトナム投資信託で明るいセカンドライフを

美容整形、まずは二重まぶたから

ケラスターゼによるヘアケア

ハードディスクやデータの復旧ならHDDレスキュー

転職を真剣に考えるあなたに転職情報を斬る!








Secret

TrackBackURL
→http://bluetry.blog101.fc2.com/tb.php/120-059263b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。