QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サラリーマン、これは犯罪になる!?

 殴った相手に反撃され、さらに殴り返した場合、殴り返した行為が正当防衛に当たるかが争われた傷害事件の上告審で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は、「正当防衛には当たらない」と判断して被告の上告を棄却する決定をした。決定は20日付。


 この論点での正当防衛の成否ついて、相手からの反撃を予測できなかった場合は正当防衛が成立する余地があるとされていた。最高裁決定は、被告の不正行為が原因との場合、原則として正当防衛にはならないとの判断を初めて示した。

 上告していたのは、東京都三鷹市の派遣社員の男性被告(44)。被告を懲役6月、執行猶予3年とした2審東京高裁判決が確定する。

 1、2審判決によると、被告は平成17年11月、東京都府中市の路上で、男性を素手で殴打。男性は、立ち去った被告を約90メートル追跡して素手で反撃したため、被告が特殊警棒で殴り返して男性にけがを負わせた。

 第2小法廷は、被告が殴られたのは、先に手を出したせいだと認定。その上で、男性の反撃が被告の暴行の程度を大きく越えるものではないと評価し、こうした状況下では被告の反撃は正当ではなかったと結論づけた。

引用:ヤフーニュース

どう考えても先に手を出す方が悪いと思うし
こんなのが正当防衛なんて認められたら、なんでもありになっちゃうよね。

ごく当たり前の判決だと思うが・・・


アイドル画像を探すならアイドル グラドル スキャンどる?

ニキビ跡でお悩みならにきび跡を消す、ズバリ解消しましょう

レーシックとは?レーシックで視力を取り戻す

ベトナム投資信託で明るいセカンドライフを

美容整形、まずは二重まぶたから

ケラスターゼによるヘアケア

ハードディスクやデータの復旧ならHDDレスキュー

転職を真剣に考えるあなたに転職情報を斬る!






スポンサーサイト
ゴールデングラブ No.G18 新庄剛志

新庄ほど「執着心」のない人も珍しいよね。
何でも笑って手放す事が出来る、数少ない男だよ。
あまりにも執着心無さ過ぎて、見てて涙が出る。
感動で。


 元阪神、日本ハムの新庄剛志氏(36)が18日、故郷福岡で行われたソフトバンク-日本ハム(11)戦の始球式に登場。弟分の森本稀哲外野手(27)を145キロ速球で打ち取り、ファンの度肝を抜いた。2016年、東京での五輪開催招致イベントの一環。約1年半の充電を終えた同氏は、沖縄で新球団を立ち上げオーナー就任という夢プランも披露した。
 
 ヤフードームが“新庄劇場”と化した。お祭り大好き男が現役引退後、充電期間を経て、初めてグラウンドに姿を現した。ソフトバンクのユニホームを身にまとった浅黒い男が駆け足でマウンドへ。背番号?は自分のスマイルフォト。同氏の登板を知らなかった観客は一斉に色めきたった。

 “師匠”としては負けられなかった。異例の始球式は、日本ハム時代にかわいがり、背番号1を譲った森本との真剣勝負。「きのうの夜、ずっと興奮していた。どういうふうになげようかなあって。マウンドに立ったら、ワケがわからなくなっちゃった」。もちろん、おとなしく1球で終われる男ではなかった。

 両軍ベンチからの熱視線も浴びてハイテンション。まず初球からいきなり速球で空振りさせ、ビビらせる。145キロの表示にスタンドが揺れた。「ひちょり(森本)に当たれ」とスライダー気味の変化球も織り交ぜてカウント2-2まで追い込み、最後は高め、これまたこん身の145キロ直球で遊ゴロに仕留めた。

 現役時代と変わらない、白すぎる歯をキラリ。そして、左手にはめていた06年のゴールデングラブ賞の賞品でもある金色グラブと、森本を打ち取ったボールを客席に放り込んだ。新庄氏はやっぱり新庄氏。希代のエンターテイナーぶりは健在だった。

 マウンドへ上がるからには自身に一切の妥協をしなかった。「ボールの握り方やグラブのかぶせ方、足の上げ方はどうだったかなぁ~って。ピッチャーの人に聞きました」と、2日間の練習を決行。そのかいがあって、この日の仰天パフォーマンス成功。「盛り上がったばい」と満足げだ。

 始球式後の会見では、釣りを満喫している間にひらめいたというアイデアを明かした。「沖縄に球団とかできたら」と、プロ野球球団のオーナーになる夢を口にしたのだ。「アメリカには30球団ぐらいありますよね。日本にも20球団ぐらいあっても。監督はなし。チームワークで優勝しろというね。それで優勝できたら最高じゃないですか」と満面の笑みで話した。

 ヤフードームでの東京五輪招致活動の一環として実現した大役。「日本でもう一度五輪を開催してほしい」と主目的も忘れなかった。離婚後、初めての公の場登場。当面は自身が立ち上げた企画・プロデュース会社「レハサフ」で世界をハッピーにすることが目標という。

引用:ヤフーニュース

アイドル画像を探すならアイドル グラドル スキャンどる?

ニキビ跡でお悩みならにきび跡を消す、ズバリ解消しましょう

レーシックとは?レーシックで視力を取り戻す

ベトナム投資信託で明るいセカンドライフを

美容整形、まずは二重まぶたから

ケラスターゼによるヘアケア

ハードディスクやデータの復旧ならHDDレスキュー

転職を真剣に考えるあなたに転職情報を斬る!








なぜ人は宝くじを買うのだろう改訂版

 ジャンボ宝くじが誕生して30年になるのを記念し、1等の100万円がこれまでのジャンボ宝くじに比べて大幅に当たりやすくなる新宝くじ「ミリオンドリーム」が、19日から全国で一斉発売される。

 発売を前に1日、東京都内で俳優の西田敏行さんらがPRした。新宝くじは、多くの宝くじファンから「もっと当たりやすくしてほしい」との声が寄せられていることを受けて企画した。1枚300円で3000万枚の販売を見込んでおり、1等100万円は3000本。昨年のドリームジャンボ宝くじの4等100万円に比べ、当選確率は50倍という。

 1等2億円のドリームジャンボと同時発売し、抽選はいずれも6月17日。新宝くじが継続されるかどうかは未定という。この日は、派手な着物姿で登場した西田さんとタレントの上島竜兵さんらが、「300円で大きな夢を買いましょう」と呼びかけた。

 ジャンボ宝くじ発売30周年を記念して19日から「ミリオンドリーム」くじが発売されることになり1日、CMキャラクター西田敏行(60)上島竜兵(47)と、宝くじCM出演中のユースケ・サンタマリア(37)伊東美咲(30)がPRした。

 同くじは1等賞金100万円の当せん確率が過去最高で、上島は「意外と堅実なボクにぴったり。当たったら飲食店のツケを払います」。1等・前後賞合わせて3億円のドリームジャンボも同日発売予定。「(3億円で)世界中のおいしいワインを集めたい」(西田)「アリゾナに別荘を建てる」(ユースケ)「当たったら何を買おうか話す家族だんらんが好き」(伊東)とそれぞれ話した。

ヤフーニュース


当選確率が50倍アップと言っても
元の確立があまりにも低すぎるんじゃないの?
継続されるかどうかは未定らしいし・・・・

でも、買ってみようかな(爆)



アイドル画像を探すならアイドル グラドル スキャンどる?

ニキビ跡でお悩みならにきび跡を消す、ズバリ解消しましょう

レーシックとは?レーシックで視力を取り戻す

ベトナム投資信託で明るいセカンドライフを

美容整形、まずは二重まぶたから

ケラスターゼによるヘアケア

ハードディスクやデータの復旧ならHDDレスキュー

転職を真剣に考えるあなたに転職情報を斬る!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。