QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪食堂

 ピエロ姿で太鼓をたたく「くいだおれ人形」で知られる大阪・道頓堀の食堂「大阪名物くいだおれ」が7月に閉店することが8日、分かった。建物の老朽化や周辺環境の変化、家族経営の限界などを理由に挙げている。関係者によると、経営者は名物人形を含めたブランドを第三者に売却する方向で検討しているという。

 同店は昭和24年4月、故山田六郎氏が「焼け野原となった道頓堀の復興に寄与しよう」と創業。8階建てで、洋食からお座敷料理までさまざまな食事が楽しめる大衆食堂として人気を集めた。

 店頭に置かれた等身大の人形「くいだおれ太郎」は25年に登場。トレードマークの赤と白のストライプの服と黒ぶち眼鏡姿で太鼓をたたく姿は、道頓堀のシンボルとして知られ、観光名所にもなっている。

 信用調査会社によると、従業員は約150人で、昨年5月期の売上高は7億100万円で、9500万円の赤字。平成3年のピーク時に比べ、売り上げはほぼ半減した。

 関係者によると、飲食業界の競争激化に加え、変わり映えのない店舗が地元から敬遠されるなど、集客力は低下。運営会社も従業員の大幅なリストラなど、厳しい経営を余儀なくされていた。

 同店は8日、「道頓堀も大きく変わり、新しい時代になった。道頓堀で60年、そろそろ定年を迎え、お役目を終えたようです」とのコメントを出した。


参考:asahi.com ヤフーニュース goo ニュース


僕は2年ほど大阪ミナミで仕事をしていたことがあって
通勤道として道頓堀を毎日歩いていた。
また一つ大阪の名物が消えていってしまうんですね。

これも時代の流れなのでしょうか
寂しい限りです・・・・






アイドル画像を探すならアイドル グラドル スキャンどる?

ニキビ跡でお悩みならにきび跡を消す、ズバリ解消しましょう

レーシックとは?レーシックで視力を取り戻す

ベトナム投資信託で明るいセカンドライフを

美容整形、まずは二重まぶたから

ケラスターゼによるヘアケア

ハードディスクやデータの復旧ならHDDレスキュー

転職を真剣に考えるあなたに転職情報を斬る!








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。